(小技)undefined と 空文字のスマートな if 文判定

フォローする

(著者:サイボウズ 北川 恭平

kintoneの仕様では現在、特定のフィールドで未入力の時に、レコード詳細画面・レコード追加画面での戻り値がnullであったり、undefinedであったりします。

<例>

・レコード詳細画面にて未入力の「文字列1行」フィールドの要素

・レコード追加画面にて未入力の「文字列1行」フィールドのvalueプロパティ

そんな時に、レコード詳細画面と編集画面で似たような処理をしたい時に 役立つ判定文を紹介します。

「文字列1行」フィールドがnullもしくはundefinedじゃない時になにか処理をしたい場合

っあれ?思ったより簡単ですね!

ifでの評価結果は、nullでもundefinedでも空文字でも"false"になるのでこんなに簡単に書けちゃいます。

これで画面による返り値の違いも気にせずプログラムが書けますね!

                                         

このTipsは、2014年4月版で確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk