2014年4月版の新機能を活用するTipsのお知らせ

フォローする

「cybozu.com developer network」をご利用いただきましてありがとうございます。
2014年4月13日の定期メンテンナンスで機能強化したAPIを、さらに活用できるTipsを 4つお知らせします。

 

他サービスのAPIからデータを取得してkintoneに表示してみよう

kintoneのプロクシ機能(kintone.proxy)を利用すると、kintone以外のサービスとデータを連携できます。こちらでは外部Webサービスのお天気情報を活用したTipsを紹介しています。

安全に在庫管理を行うテクニック

新機能の「リビジョン(revision)」と「複数アプリへのレコード一括処理API(bulkRequest.json)」を利用して、整合性を保ちつつ安全に更新するTipsになります。

JavaScriptカスタマイズのデバッグをかんたんにするウラワザ

kintoneのJavaScriptカスタマイズを行うときに、デバッグをかんたんに行う方法を紹介します。このTipsを攻略すると開発効率は10倍以上も向上することでしょう。開発する際はぜひご活用下さい。

AngularJSを使ってオリジナルのビューをつくる方法

AngularJSをkintoneに組み込むことで、MVCアーキテクチャーを使ったビューのカスタマイズが可能です。JavaScriptのフレームワークを利用した開発に挑戦してみましょう。

※ AngularJSは、Googleとコミュニティによって開発されているオープンソース(MIT License)のJavaScriptフレームワークです。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk