カテゴリー内の他の記事

ワンタッチでゲストスペースを作成してみよう!

(著者:菊地 宏司)

はじめに

今回はアプリからワンタッチでゲストスペースを作成するJavaScriptカスタマイズを紹介したいと思います。
これはテンプレート化されたスペースを、ゲストユーザ別に利用されてて、それらのスペースをアプリで管理する場合に有効です。
毎回手動でスペースを作成して、スペース内にアプリを配置~としていた手間を、レコード詳細画面に配置したボタンワンタッチで解決できます。

 

 

では早速見ていきましょう。

コード

処理詳細

最初に、レコード詳細画面表示時にスペース作成ボタンを表示します。

 

 

次にスペースボタンが押されたときのリクエスト生成処理を行います。

スペース作成APIでは色々な設定パラメータが用意されています。今回は必要最小限の4つのパラメータを設定していきます。

スペース作成時のパラメータ

  1. id:ベースとなるテンプレートスペースのID
  2. name:作成するスペースの名前
  3. isGuest:ゲストではないスペースの場合false、ゲストスペースの場合true
  4. members:スペースに含む正規ユーザ (必ず1人以上設定する必要あり)

 詳しくはこちらを参照

 

 

最後に作成したリクエストをスペースAPIを使って登録します。

 

 

 

 

このTipsは、2016年10月版で確認したものになります。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

Avatar
mikan

下記コードですが、最後の"isAdmin"は必要なパラメーターなのでしょうか。

こちらを見ているとmembersオブジェクトにはisAdminのパラメータは不要に見えるのですがいかがでしょうか。

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/202166210

 

return {
'id': SP_TEMPLATE_ID,
'name': record["ゲストスペース名"].value,
'isGuest': true, // ゲストスペースフラグ
'members': members,
'isAdmin': true
};

Avatar
cybozu Development team

mikan 様

確認したところ、return で閉じられた中の isAdmin については不要であることがわかりました。

return {
'id': SP_TEMPLATE_ID,
'name': record["ゲストスペース名"].value,
'isGuest': true, // ゲストスペースフラグ
'members': members,
'isAdmin': true
};

記載の方も修正させていただきました。ご指摘をありがとうございます。

サインインしてコメントを残してください。