カテゴリー内の他の記事

JavaScriptカスタマイズのデバッグをかんたんにするウラワザ

フォローする

(著者:サイボウズ KADOYA Ryo

kintoneのJavaScriptカスタマイズを行うときに、デバッグをかんたんに行う方法を紹介します。

JavaScriptファイルはkintoneか外部の公開サーバーにアップロードする必要があるため、kintoneの動作を確認しながらデバッグを行いたいときは、いちいちアップロードする手間がかかります。

そこで、クラウドのオンラインストレージサービスを利用します。ストレージサービスの中には、手作業でアップロードしなくても、自動的にローカルファイルとシンクしてくれるものがあります。

kintoneのJavaScriptカスタマイズで利用するためには、SSLが利用できることと、サービスが適切なContent-Typeを返すことが条件となります。ここではDropboxを利用した例を紹介します。Google Driveなど他のサービスでも基本的な手順は同様です。

Dropboxのアカウントを取得する

Dropboxのサイトからアカウントを取得します。

個人のものを利用するよりも、開発用のアカウントを別途取得するのがよいでしょう。

Dropboxクライアントをインストールする

ローカルファイルとシンクするために、クライアントプログラムをインストールします。

JavaScriptファイルをDropbox上に作成する。

kintoneカスタマイズ用のJavaScriptファイルをDropbox上に作成します。

ファイルの共有リンクを取得する。

ファイルやフォルダを共有する方法については、Dropboxのヘルプを参照してください。

取得したDropboxリンクのURLを、ダウンロード用のURLに変換します。
ウェブからファイルのダウンロードを強制するには

https://www.dropbox.com/s/xttkmuvu7hh72vu/kintone.js

変換後

https://dl.dropboxusercontent.com/s/xttkmuvu7hh72vu/kintone.js

変換したJavaScriptファイルのURLを、kintoneのアプリ管理で指定します。

ファイルを編集する。

ローカルで編集して保存したJavaScriptファイルは自動的にDropboxにシンクされます。
デバッグをおこなうとき、変更した内容を即時に反映することができます。

Dropboxで共有したJavaScriptファイルは、インターネットに公開されます。リスクをご理解のうえ、ご利用ください。

本Tipsはデバッグを効率的に行うためのものです。運用時にオンラインストレージサービスの利用を推奨するものではありませんのでご了承ください。

 

このTipsは、2014年4月版で確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk