カテゴリー内の他の記事

kintoneアプリから.comのユーザーを登録してみよう!

(著者:菊地 宏司)

 

今回は、JavaScriptを使ってkintoneアプリから.comのユーザーを登録する方法について紹介したいと思います。
ユーザーマスタをkintoneアプリで作成し、定期的に登録や更新することで、ExcelやCSVで使わずにメンテナンスできるようになります!
「あとチョット」な部分をユーザ管理アプリという形で実現させてみましょう。

 

処理の流れ

  • フォームの情報からCSVファイルを作成する
  • CSVファイルをユーザインポートAPIを使って登録する

フォームイメージ

まずはアプリフォームのイメージです。以下の項目を用意しておきます。

今回はこのユーザ情報を.comに登録してみましょう。

 

CSVデータの作成

上記のフォームデータを元にCSVを生成します。
フォームにない項目については空アイテムとして指定します。
CSVのフォーマット形式についてはこちらを参照

ユーザ情報の登録

CSVファイルを作成したら次にファイルをアップロードします。
ファイルのアップロード手順はこちら

※ファイルのアップロード、ダウンロードを実行する際には、セッション認証が必要になります。


ではユーザインポート処理のコードを見てみましょう。

前項で作成したCSVファイルをアップロードして、そのレスポンスからfileKeyを取得します。
次にfileKeyをユーザーインポートAPIを使用して登録しています。
この時ユーザインポートAPIでは"POST"を行います。通常のファイルアップデートではレコードに対して"PUT"を行いますが、ここでは"POST"です。
意外と間違えちゃう箇所なので注意してください。

※このTipsは、2014年4月版で確認したものになります。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。