カテゴリー内の他の記事

フィールドの入力不可をボタンで完全制御!

(著者:菊地 宏司)

はじめに

帳票などを作成する際の便利な使い方についてご紹介します。
フィールドの入力可、不可をチェックボックスやラジオボタンで制御したいという時はこんな使い方が便利です。

kintoneではボタン選択時のイベントが取得できます。
このイベントにあわせてフィールドを制御してみましょう。

デモ環境

こちらのデモ環境から実際に動作を確認できます。
https://dev-demo.cybozu.com/k/169/

デモ環境の利用は、事前に cybozu developer network のメンバー登録が必要です。画面右上の「サインイン」ボタンよりご登録ください。
デモ環境アカウントとパスワードは、サインイン後にこちらのページでご確認ください。

入力欄を不可にした画面

 __.png __.png

フィールド値変更時イベントはこの形で記述します。

イベントタイプの<フィールドコード>に指定可能なフィールドはこちらになります。
フィールドコードに存在するフィールドコード、かつ次の種類のフィールドを指定した場合のみハンドラーが実行されます。

  • ラジオボタン
  • ドロップダウン
  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ユーザー選択
  • 日付
  • 時刻
  • 日時

注意事項

  1. 存在しないフィールドコード、または上記の種類以外のフィールドを指定した場合は何も発生しません。
  2. 下記のようなケースの場合には反映されません。
  • 編集権限のないフィールドの value を書き換えた場合
  • 編集権限のないフィールドの disabled を true に設定した場合

      詳しくはこちらを参照

アプリ準備

チェックボックスフィールドのフィールドの設定で、
「有効にする場合はチェックしてください」のチェックボックスを選択し、最初から選択された状態で表示されるように設定します。

________.png

ソースコード

このTipsは、2014年4月版で確認したものになります。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。