カテゴリー内の他の記事

フィールドの入力不可をボタンで完全制御!

フォローする

(著者:菊地 宏司)

 

帳票などを作成する際の便利な使い方についてご紹介します。
フィールドの入力可、不可をチェックボックスやラジオボタンで制御したいという時はこんな使い方が便利です。

kintoneではボタン選択時のイベントが取得できます。
このイベントにあわせてフィールドを制御してみましょう。

  

入力欄を不可にした画面

 

 

 

フィールド値変更時イベントはこの形で記述します。

イベントタイプの<フィールドコード>に指定可能なフィールドはこちらになります。
フィールドコードに存在するフィールドコード、かつ次の種類のフィールドを指定した場合のみハンドラーが実行されます。

  • ラジオボタン
  • ドロップダウン
  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ユーザー選択
  • 日付
  • 時刻
  • 日時

注意事項

  1. 存在しないフィールドコード、または上記の種類以外のフィールドを指定した場合は何も発生しません。
  2. 下記のようなケースの場合には反映されません。
  • 編集権限のないフィールドの value を書き換えた場合
  • 編集権限のないフィールドの disabled を true に設定した場合

      詳しくはこちらを参照

 

ソースコード

このTipsは、2014年4月版で確認したものになります。

デモ環境

https://dev-demo.cybozu.com/k/169/

※デモ環境についての説明はこちら

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk