レコード詳細画面でワンクリックで担当者に自分を追加するワザ

フォローする

(著者:菊地 宏司)

 

今回はレコード詳細画面でボタンワンクリックで担当者フィールドに自分を追加する方法についてご紹介しようと思います。

たとえば、あなたは今タスク一覧のレコード詳細を見ています。
そこにはまだ担当者が割り振られていないタスクがズラリ。
そんな時あなたは自分がやるべきタスクが登録されているのを発見しました。
「あ、これは自分のタスクだな」→レコード編集を開いて→ユーザー選択から自分を選択して→保存を押して・・・。

なんて面倒ですよね。

こんな「あとチョットこうだったら」をカスタマイズで改善して便利にしちゃいましょう。

 

実装イメージ

ユーザー選択フィールドとJavaScriptでスペースフィールドに作成したボタン

ボタンを押すと「担当者」に自分を追加する

実装の手順と流れ

  1. ボタンの作成とボタンイベント監視登録を行います。
  2. 担当者に自分を追加します。

 

ボタンの作成とイベントリスナーの登録

まず、レコード詳細画面を開いたときにボタンを作成するのでイベント取得を設定します。

次に、スペースの子要素にボタンを作成します。

次にボタンのイベント監視を設定します。

ボタンが押されたらaddMemberMine()関数の呼び出しをします。

※addEventListener()はIEでは対応していません。IEではattachEvent()を使用してください。

これでボタンが押されたイベントで addMemberMine() 関数が動作するようになりました。
では次にボタンを押したときの動作となる addMemberMine() の処理を見ていきましょう。

 

作業者に自分を追加する

以上で1クリックで担当者に自分を追加は終了です。

このTipsは、2014年4月版で確認したものになります。

デモ環境

https://dev-demo.cybozu.com/k/69/

※デモ環境についての説明はこちら

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk