カテゴリー内の他の記事

Microsoft Flowのkintoneコネクタで特定のツイートをkintoneに登録する

フォローする

Index

はじめに

2018年1月に、Microsoft Flowにkintoneコネクタが追加されます。その新しい機能を使ったTipsを、公開前にひと足早く紹介します。

Microsoft Flowとは

Microsoft Flow(以降、MS Flow)は、複数のサービスを連携させるサービスです。たとえば、kintoneにデータが登録されると、Slackなど別のサービスに通知する、ということが、難しいコードを書くことなしに実現できます。

Office365の同梱版と、無償版と有償版があります。プラン詳細はこちらを参照ください。

kintoneコネクタとは

MS Flow上で連携を設定できる対象サービス(「コネクタ」と呼ばれる)の中に kintoneが追加されるようになります。

※ 2017年11月時点では追加されていません。最新のコネクタはMicrosoftのページで確認ができます。

__________2017-11-15_13.50.40.png
※ 2017年のリリース時では、トリガーにkintoneのレコード登録、アクションにkintoneのレコード登録と更新を利用できます。

kintoneコネクタの3つのポイント

kintoneコネクタで注目すべき3つのポイントを説明しましょう。

1. MS Flow側の画面だけで完結

kintoneの画面を開くことなく、MS Flow側の画面だけでkintoneと他サービスとの連携設定ができます。

2. 完全なノンプログラミングを可能に

kintoneコネクタ以前では、フィールドのマッピングのためにkintoneのJSON形式を手入力する必要があり、多少の技術的な知識が必要でした。
また、kintoneアプリ内の複数のフィールド名がMS Flow画面上で区別できず、取得したいフィールドが出力されるまで、何度もフローをテストする必要がありました。
kintoneコネクタを使えば、アプリ番号を入力すると自動でフィールド名が画面に表示され、簡単に任意のkintoneのフィールドを選択することができます。

3. OAuth 2.0に対応

MS Flowからkintoneへの接続するための認可方式としてOAuth 2.0を使用しています。
OAuth はREST APIを実行する際の認可のためのプロトコルで、Office 365をはじめとする多くのサービスで使われています。

準備

利用するサービス、API

kintoneアプリの作成

アプリをはじめから作成し、以下の画面を参考にフィールドを配置してください。フィールドコードは使わないため考慮不要です。 アプリIDを控えておきましょう。
例)https://[subdomain].cybozu.com/k/xxx/ ←アプリIDはxxxの部分の数字です。

__________2017-11-13_14.08.00.png
ユーザー: 文字列(1行)
ツイート: 文字列(複数行)
URL: 文字列(1行)
ツイートされた日時: 日時

Microsoft Flowの設定

事前にサインアップをした上でフローを作成してください。

メニューの「マイ フロー」から「一から作成」をクリックします。

Image_2017-11-13_14-47-35.png

Twitter(トリガー)の設定

トリガーを検索する画面で「twitter」と入力し、「Twitter - 新しいツイートが投稿されたら」のトリガーを選択します。

Image_2017-11-13_14-48-37.png

 

Twitterへの接続を作成する画面が出るので、「サインイン」ボタンをクリックしてからログインします。

__________2017-11-13_15.13.25.png

__________2017-11-13_15.14.09.png

 

フィルターしたいキーワードを入力します。今回は「kintone」です。

__________2017-11-13_15.41.29.png

 

条件の設定

日本語のみをフィルターする場合は、「新しいステップ」-「条件の追加」で条件は以下のように入力します。

__________2017-11-13_15.43.02.png

 

「ツイートの言語」等の動的なコンテンツは、以下のように右側のポップアップウィンドウから選択して入力します。

__________2017-11-13_15.44.08.png

 

kintone(アクション)の設定

「はいの場合」-「アクションの追加」で「kintone」と入力して選択し、アクション「kintone - アプリにレコードを登録する」を選択します。

Image_2017-11-13_16-38-02.png

 

kintoneへの接続を作成する画面が出るので、「サインイン」ボタンをクリックしてからログインします。
※ この画面は実際の環境と異なります。実際の環境では、この画面でお使いのkintoneのドメイン名を入力してください。

__________2017-11-13_16.39.07.png

 

kintoneのログイン画面の後、こちらの画面で「許可」をクリックします。

Image_2017-11-15_16-12-38.png

 

以下の画面を参考に、手入力と動的コンテンツを組み合わせてkintoneのアクションを設定します。
1行目のアプリIDを入力することで、2行目以降(画面では「URL」以下)で該当のフィールド名が取得できるため、間違えないようにしましょう。

__________2017-11-15_13.24.20.png

 

最後に「kintoneのツイートを収集」など任意のフロー名を入力し「フローの作成」「完了」をクリックします。

動作確認

フローが成功すると、以下のようなツイートを収集し、自動でレコードが登録されるようになります。

__________2017-11-15_13.36.30.png

kintoneのアプリに入れることで、グラフやフィルタの機能と組み合わせて、蓄積したツイートデータを管理することができます。
画面のように、アプリのプロセス管理機能を使ってステータスを管理していくのもいいですね。

おわりに

MS Flowを使うと簡単にメジャーなサービスとkintoneの連携が可能になります。
今回はkintoneをアクションにしてkintoneへPOSTするフローでしたが、逆にkintoneからPOSTしていくことも可能です。
面白く実用的なMS Flowのフローをこれからもいくつかこのサイトで紹介していきたいと思います。

注意事項

このTipsは、2017年11月版のkitnone および 公開前のkintoneコネクタで確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

Avatar
aruzi0306

IPアドレス制限がかかっている場合以下のIPアドレス設定も追加で必要とのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Microsoft FlowからアクセスされるIPアドレスは、現在ドキュメントに含めているページに記載されているものに加えて、下記2ページに記載されているIPアドレスからもリクエストされる事があるとのことです。
 - 追加ページその1: Office 365のIPアドレス帯  https://support.office.com/ja-jp/article/8548a211-3fe7-47cb-abb1-355ea5aa88a2
   ※ ページ上部の「ダウンロード」からIPアドレス情報を含んだXMLファイルをダウンロード可能
 - 追加ページその2: AzureデータセンターのIPアドレス帯 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=41653

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Avatar
cybozu Development team

aruzi0306 さん

 

お世話になっております。 cybozu developer network 運営事務局でございます。

 

ご指摘ありがとうございます。

IPアドレス制限について、注意事項に追記致しました。

 

今後とも、cybozu developer networkをよろしくお願い致します。

ログインしてコメントを残してください。