カテゴリー内の他の記事

kintone連携用トークンを取得する

フォローする

kintone連携用トークンを取得する

GaroonからkintoneのREST API実行に必要なCSRFトークンを取得します。

  • Garoonからkintone REST APIをセッション認証で実行する場合、kintoneのCSRFトークンが必要です。
  • HTTPメソッドが POST, PUT, DELETE である kintone REST APIすべてにおいて利用できます。
  • HTTPメソッドが GET の kintone REST APIでは CSRFトークンは不要です。
    (参考)CSRFトークンを取得する

 次の条件をいずれも満たす場合に利用できます。

  • kintoneが利用可能な状態であること
  • Garoonのクラウド版での実行であること(パッケージ版で実行するとnullが返ります。)

関数

garoon.connect.kintone.getRequestToken()

引数

なし

返り値

garoon.Promiseオブジェクト

利用できる画面

  • ポップアップ画面を除く全ての画面で利用できます。

サンプル

 kintoneのCSRFトークンを取得し、kintoneのアプリに新規レコードを追加する場合の例

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。