カテゴリー内の他の記事

予定の登録イベント

Index

イベント

eventオブジェクトで実行できる操作

予定の登録画面が表示されたときのイベント

予定の登録画面を表示したときに発生するイベントです。

  • カスタマイズグループがログインユーザーに適用された状態のみ発生します。

イベントタイプ

schedule.event.create.show

使用可能なガルーンバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 4.10.0以降

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名 説明
event オブジェクト 画面上の情報を保持した予定オブジェクト 詳細: スケジュールのeventオブジェクト
type 文字列 イベントタイプ
reuse 真偽値  再利用の場合は true、通常の作成画面は false

利用できる画面

次の登録画面または再利用画面で利用できます。

  • 通常予定
  • 期間予定
  • 繰り返し予定

eventオブジェクトで実行できる操作

サンプルプログラム 

予定の登録を実行したときのイベント

予定の登録画面で、登録するボタンをクリックした後に発生するイベントです。
garoon.Promise オブジェクトを return すると、非同期処理の完了を待ってイベントの処理を開始します(クラウド版、パッケージ版 Garoon バージョン 5.5.0以降)。

  • カスタマイズグループがログインユーザーに適用された状態のみ発生します。

イベントタイプ

schedule.event.create.submit

使用可能なガルーンバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 5.0.0以降

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名 説明
event オブジェクト 画面上の情報を保持した予定オブジェクト 詳細: スケジュールのeventオブジェクト
type 文字列 イベントタイプ

利用できる画面

次の登録画面または再利用画面で利用できます。

  • 通常予定
  • 期間予定
  • 繰り返し予定

eventオブジェクトで実行できる操作

サンプルプログラム 

予定の登録に成功したときのイベント

予定の登録画面で、予定の登録に成功したときに発生するイベントです。
garoon.Promise オブジェクトを return すると、非同期処理の完了を待ってイベントの処理を開始します。

  • カスタマイズグループがログインユーザーに適用された状態のみ発生します。

イベントタイプ

schedule.event.create.submit.success

使用可能なガルーンバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 5.9.0以降

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名 説明
event オブジェクト 画面上の情報を保持した予定オブジェクト 詳細: スケジュールのeventオブジェクト

※取得できる値は、予定の削除イベントと同じ制限があります

type 文字列 イベントタイプ

利用できる画面

次の登録画面または再利用画面で利用できます。

  • 通常予定
  • 期間予定
  • 繰り返し予定

eventオブジェクトで実行できる操作

サンプルプログラム 

ポップアップウィンドウで予定の登録に成功したときのイベント

スケジュールのポップアップウィンドウで、予定の登録に成功したときに発生するイベントです。
garoon.Promise オブジェクトを return すると、非同期処理の完了を待ってイベントの処理を開始します。

  • カスタマイズグループがログインユーザーに適用された状態のみ発生します。

イベントタイプ

schedule.event.quick.create.submit.success

使用可能なガルーンバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 5.9.0以降

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名 説明
event オブジェクト 画面上の情報を保持した予定オブジェクト 詳細: スケジュールのeventオブジェクト

※取得できる値は、予定の削除イベントと同じ制限があります

type 文字列 イベントタイプ

利用できる画面

ポップアップウィンドウで利用できます。

eventオブジェクトで実行できる操作

サンプルプログラム 

eventオブジェクトで実行できる操作

フィールドの値を書き換える

ハンドラーが event オブジェクトのフィールドの値を書き換えて event オブジェクトを return した場合、その値でフィールドの値を更新します。

サンプルプログラム

書き換えできないフィールド

次のフィールドは、イベントのハンドラーでフィールドの値を書き換えて return しても、フォームには反映されません。

  • イベントタイプ
  • 添付ファイル 

注意事項

日時フィールドの時刻を初期値(--:--)から変更する場合は event オブジェクトのプロパティ、isAllDay  を false にする必要があります。

エラーダイアログを表示する

ハンドラーが event オブジェクトの error にエラーメッセージを代入して event オブジェクトを return すると、予定の登録を中止し、エラーダイアログを表示します。

  • 空文字、0 または false を代入した場合、エラーダイアログを表示せず予定の登録処理を実行します。

サンプルプログラム

指定した URL にリダイレクトする

url プロパティに URL を指定して return event すると、指定した URL へリダイレクトされます。

サンプルプログラム

予定の登録成功後、予定の追加画面にリダイレクトします。

記事に関するフィードバック

記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。
右の記事フィードバックのためのガイドを参照してコメントしてください。
記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。

サインインしてコメントを残してください。