カテゴリー内の他の記事

ログインユーザー情報の取得

フォローする

ログインユーザーの情報を取得する

画面を表示しているログインユーザーの情報を取得できます。

関数

garoon.base.user.getLoginUser

使用可能なバージョン

  • クラウド版 Garoon
  • パッケージ版 Garoon バージョン 4.10.0以降

引数

なし

返り値

  • ログインユーザーのユーザー情報を保持するオブジェクト

サンプル(クラウド版)

利用できる画面

ポップアップ画面を除く全ての画面で利用できます。

注意事項

  • ポップアップ画面には対応していません。
  • ワークフローの申請フォームのプレビュー画面では選択されたユーザーが対象です。
  • ポータルのプレビュー画面ではログインユーザーが対象です。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。