kintone Webhook(REST API)& Microsoft Flowを使ってSlackに投稿する

フォローする

Index

 

kintone Webhook & Microsoft Flowを使ってSlackに投稿する』 で、kintoneの画面上から操作して、他サービスに連携するTips を紹介しました。
今回は2017年6月に新しく搭載される予定の、REST API による操作でもWebhookが動作する仕組みを紹介します。

 

<対応API> 2017年6月(予定)時点

  • レコードの登録(1件)
  • レコードの更新(1件)
  • 1つのレコードのステータスを更新する
  • レコードコメントの投稿

  ※レコードの一括登録と一括更新は乞うご期待

準備

Restlet Client - DHC

こちらのツールは、REST APIを実行するためのクライアントです。本格的な開発者はcURL(カール)を使うことが多いですが、Chromeブラウザの拡張機能であり、手軽に使えるのでとても便利です。

Restlet Client - DHCの追加

DHCのページにアクセスして「CHROMEに追加」をクリックし、拡張機能を追加するとChromeの右上にDHCボタンが追加されているのでクリックします。

dhc-icon.png

Restlet Client - DHCでPOST

dhc-request.png

URL、ヘッダー認証はご利用中のkintone環境をお使いください。

  • URL: https://{subdomain}.cybozu.com/k/v1/record.json
  • METHOD: POST
  • HEADERS:
    • Content-Type:application/json
    • X-Cybozu-API-Token:(アプリごとに発行できるトークン)
      ※X-Cybozu-Authorization:(ログイン名:パスワードをBase64でエンコードしたもの)でも可能
  • BODY
    ※ "record" 配下はフィールドコードを利用しています。
    ※ リクエストボディの記述方法は、レコードの登録(1件)をご確認ください。
    {
        "app": 15593,
        "record": {
            "受付番号": {
                "value": "AA101"
            },
            "Title": {
                "value": "緊急 工具手配"
            },
            "内容": {
                "value": "機器の設置で工具が\n必要になりました。"
            },
            "作業期限": {
                "value": "2017-05-31"
            }
        }
    }

 

kintoneの画面

REST API によるレコード登録後の画面

20170501-14-21_No-00.png

 

Slackへの通知

kintone Webhook & Microsoft Flowを使ってSlackに投稿する』 で紹介しましたSlackへの通知画面

dhc-slack.png

 

REST APIを使ってデータを登録することで、kintoneの画面を介さずに他サービスから連携することができるようになりました。 

 

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk