ワークフロー申請の承認画面が表示されたときのイベント

フォローする

Index

イベント

イベント発生時に実行できる操作

イベント


ワークフロー申請の承認画面が表示されたときのイベント

ワークフローで申請の承認画面を表示するときに発生するイベントです。

関数

workflow.request.approve.show

eventオブジェクトのプロパティ

プロパティ名 説明
type 文字列 イベントのタイプ
viewer 文字列

閲覧者のタイプ。値はAPPROVER。

reuse 真偽値 falseのみ
preview 真偽値 falseのみ
draft 真偽値  falseのみ
confirm 真偽値  falseのみ
stepCode 文字列 ステップコード
request オブジェクト 画面表示時のデータを保持したrequestオブジェクト

イベント発生時に実行できる操作


項目の値を書き換える

ハンドラーが request オブジェクトの項目の値を書き換えて event オブジェクトを return した場合、その値で項目の値を更新します。

  • 項目コードを設定していない項目は書き換えることができません。すなわち、「$」+数字のフォーマットで定義された項目は書き換えることができません。
  • フォームから削除された項目は書き換えることができません。
  • 最後のハンドラーが return しない場合、項目の値を更新しません。
  • 複数のハンドラーが登録されている場合、最後のハンドラーが return した戻り値を基準に反映されます。

サンプルプログラム

書き換えが可能な項目

項目 タイプ 値の例 補足説明
文字列(1行) SINGLE_LINE_TEXT 文字列
"テスト"
 
文字列(複数行) MULTI_LINE_TEXT 文字列
"Test data line 1 \nTest data line 2"
改行文字は「\n」です。
数値 NUMBER 文字列
"1234"
小数点は反映されません。
日付 DATE 文字列
"2016-08-11"
フォーマットは「YYYY-MM-DD」です。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk