カテゴリー内の他の記事

kintone Webhook & Microsoft Flowを使ってSlackに投稿する

フォローする

Index

 

はじめに

便利なコミュニケーション手段として、Slackを利用している企業やプロジェクトチームは多いのではないでしょうか?
kintoneアプリで登録、プロセス更新のタイミングによって、kintone Webhookを利用した Slack の Channel(グループ)に通知してみましょう。
環境が揃っていると3分で連携できました。
Webhook とは、Webアプリケーション同士が連携するときの考え方の一つで、 Webアプリケーションでイベントが実行された際、外部サービスにHTTP で通知する仕組みです。

Webhookを使った仕組み

今回は、Microsoft Flow を利用した連携を実現してみたいと思います。

完成形の画面

準備

利用するサービス、API

  ※各サービスの環境はご準備ください。

Slack

Channel を作成

今回は「demo」を作成する。 

 

Microsoft Flow

事前にサインアップをした上でフローを作成してください。

フローの作成

メニューの「マイ フロー」から「一から作成」をクリックする。

「要求」トリガーの選択

サービスとトリガー検索で「要求」を入力し、選択する。

「要求本文の JSONスキーマ」

今回はレコード登録時のメッセージをSlackで投稿するため、次のJSONをコピーする。

  • "app" > "name" はアプリ名、"recordTitle" は 「レコードタイトル」、"url" はレコードへ移動できるURLです
  • http://jsonschema.net/#/ のSchemaに準拠したものです

 

貼り付け後のイメージ

グレーアウトされているURL欄は保存後に生成されます。

「Slack」アクションの追加

新しいステップで、「アクションの追加」を選択し、「Slack」を検索し選択する。
※Slackアクションの追加後、投稿先アカウントの認証を求められます。

投稿メッセージの情報入力

  • チャネル名:「#demo」
  • メッセージテキストは文字を入力しつつ、右側の要求リストから選ぶ
  • ボット名:「kintone-bot」 ※任意

 

フローの作成と完了

フロー名を「kintone -> Slack 投稿メッセージ」 に変更し、完了をクリック。

 

要求するURLの確認

完了することで、HTTP POST URLが確定するため、マイ フローから作成したフローを開き、「要求」の詳細でURLをコピーする。
※このURLは、kintoneのWebhook機能で利用します。

 

kintone Webhook

事前に準備したアプリの設定画面を操作し、レコード追加して完成です。

Webhookの追加

アプリの設定画面に移動し、 Webhook > Webhookの追加 画面を表示し、Microsoft FlowでコピーしたURLを設定する。
※kintoneの「Webhook URL」の入力欄には、コピーした文字列の「https://」以外の部分をコピーしてください。
Webhook保存後には、必ずアプリの設定画面に移動し、「アプリを更新」をクリックする。

 

レコードを追加してSlackで通知

kintoneアプリに戻り、レコードに入力して保存すると、Slackで投稿されます。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は、Microsoft Flowの中でも、「要求」と「Slack投稿」アクションを使って、kintoneからSlackへの投稿を実現してみました。JSON形式を設定することにはなりますが、ノンプログラミングで数分で連携できると思います。 

参考

Slack Incoming Webhook を利用して、kintoneアプリからJavaScriptで活用したプログラムTipsもあります。 

このTipsは、2017年2月版 kintoneで確認したものになります。

記事に関するフィードバック

直接的に記事と関連がないご質問はcybozu developer コミュニティをご活用ください。

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk